story1 サムライゆかりのシルク

鶴岡市

日本近代化の 原風景に出会うまち鶴岡へ

日本の近代化を産業面から牽引した絹産業。旧庄内藩士が刀を鍬に持ち替えたことが、鶴岡市を中心とする庄内地域が国内最北限の絹産地となったきっかけでした。この地域は、国内の絹産業が時代とともに衰退する中で、百数十年を経た今もなお、養蚕から絹織物の製品化まで一貫した工程が残る国内唯一の地です。

鶴岡市では、松ヶ岡以外にも六十里越古道沿いの田麦俣集落に、四層構造で暮らし・養蚕などが一つの建物にまとまった多層民家が現存しています。さらに、国内ではここだけの精練工程が明治時代創業の工場で行われるなど、絹産業の歴史、文化が保存継承とともに、新たな絹の文化価値の創出にも取組みました。鶴岡を訪れると、先人たちの努力の結晶である我が国近代化の原風景を、街並み全体を通じて体感することができます。

旧西田川郡役所(致道博物館内)
初代県令の三島通庸の命によって明治14(1881)年に創建され、昭和47年に移築保存された旧西田川郡役所(致道博物館内)

松ヶ岡開墾場
広大な土地を開拓し、産業振興に貢献した歴史を伝える松ヶ岡開墾場

丙申堂 表門
旧風間家住宅の丙申堂 表門

丙申堂 表門
文政5(1822)年に創建され昭和40年に多麦俣から移築保存された多層民家旧渋谷家住宅(致道博物館内)

「致道博物館」アクセス 〒997-0036
山形県鶴岡市家中新町10-18
・鶴岡駅から湯野浜温泉方面バス10分
→致道博物館前下車すぐ
・山形自動車道 鶴岡ICより車で10分
・日本海東北自動車道 鶴岡西ICより車で15分
営業時間 (3月〜11月)9:00〜17:00(入館は16:30まで)
(12月〜2月)9:00〜16:30(入館は16:00まで)
定休 12月〜2月は毎週水曜日、12月28日〜1月4日
料金 (個人)一般700円、学生380円、小中学生280円
(団体20名以上)一般600円、学生350円、小中学生200円
(100名以上)一般450円、学生250円、小中学生120円
駐車場 20台
※鶴岡公園周辺の公設駐車場などもご利用下さい。

「松ヶ岡開墾場」アクセス 〒997-0152
山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡29
・山形自動車道 鶴岡ICから車で25分
・JR鶴岡駅から車で20分
営業時間・定休日 営業時間、定休日は蚕室ごとに違います
料金 松ヶ岡本陣、
1番蚕室(松ヶ岡開墾記念館)、
4番蚕室(庄内農具館)、
5番蚕室(庄内映画村資料館)は有料
駐車場 約60台

「旧風間家住宅 丙申堂」アクセス 〒997-0035
山形県鶴岡市馬場町1-17
・鶴岡駅から湯野浜温泉方面バス5分。
→銀座通り下車徒歩3分
・山形自動車道 鶴岡ICより車で10分
・日本海東北自動車道 鶴岡西ICより車で15分
営業時間 9:30~16:30(入場は16:00まで)
定休 7月13日(お盆の為)、12月1日~4月9日
(「鶴岡雛物語」開催中(3月)は特別部分開館)
料金 一般400円、小中学生200円(丙申堂・釈迦堂共通券)
※障がい者料金:上記入館料半額免除
※手帳を提示ください ※団体料金はありません。
駐車場 10台
※鶴岡公園周辺の公設駐車場などもご利用下さい。

お問合せ先 鶴岡市役所 政策企画課
TEL:0235-25-2111
FAX:0235-24-9071
https://samurai-yukarino-silk.jp/