蔵王(地蔵岳・熊野岳)

村山エリア山形市

2021春・夏号 特集「日本百名山〜山形編〜」

「蔵王」とは、山形・宮城両県にまたがる連峰の総称で、最高峰は標高1841mの熊野岳(山形県上山市)です。
火山の火口湖である御釜(宮城県川崎町、蔵王町)は蔵王連峰のシンボル的存在で、熊野岳や刈田岳の山頂にはその展望を楽しもうと多くの観光客が訪れます。
また、火山活動による厳しい環境に適応したコマクサなどの高山植物を見ることができます。
山麓の蔵王温泉や蔵王坊平高原、冬季の樹氷など、たくさんの見どころを有する蔵王は一大観光エリアです。

標高 1841m
歩行時間片道 1時間30分~2時間
登山適期 6月~10月